切なくも心温まるパズルアドベンチャー【私たちのさいごの旅】プレイ感想

「あの人が、まだ近くにいる」

愛する人を追って迷い込んだ、天国に最も近い島。

これは、あなたとあなたの大切な人のための物語。

AZUSAのアイコン画像AZUSA

主人公のおばあちゃんが、先に旅立ったおじいちゃんの面影を探して天国に近い島を渡っていくパズルゲームです。ステージ数は40以上。
パズルの攻略は書いていません。
※最後にストーリーに関するネタバレがありますのでご注意ください。

AZUSAのアイコン画像AZUSA

この始まりでもう泣けます(;ω;)パンをもぐもぐしてるアイコンで台無しやw

パズル内容はブロックを動かしてゴールへ向かうというもの。

移動したい場所をタップするとそこまで自動で進んでくれるし、いけない場所はタップすると×印が表示されるので分かりやすい。

障害物となるブロックを動かしてゴールまでの道をつなげたら、ゴールをタップすると一気に向かってくれます。

スイッチを踏むと足場が動いたり上下したり、色んなギミックを操作しながら進むんですが、画面を回転させ視点を移動させる事によって意外なところに隠れているスイッチが見つかったり、新たなルートが発見できたりする。

一手でも間違うとゴールできないステージが多いので、そういう時は画面右上のポーズをタップするとリセットが選択できてやり直せる。

どうしてもクリアできない時は、画面左上のナビをタップすると、15秒〜30秒の広告動画視聴でナビモードでゴールまで誘導してくれる。

ブロックを押すおばあちゃん

こんな感じでブロックを押して道を作ります。

いや、おばあちゃ力持ち。

きっと天国に近い島だし、無重力的な感じなんよね。うん。きっとそう。

でも一生懸命ブロックを押す姿を見て、心の中で応援したのは私だけじゃないはず・・・



AZUSAのアイコン画像AZUSA

ステージにスタミナや制限時間がなく、何度でもやり直せるのでじっくり考えられるところが良いね。
始まりで感動して、最後で再び感動。
音楽も素敵です。
物語がどうなるのか気になりすぎて一気に最後までやりました!
おじいちゃんと再会できて良かったー!って思ったら
「この先は私ひとりで行かなくちゃならない。君はまだ、あちら側には呼ばれてないんだよ。(中略) 君はもとの世界にもどって残りの人生を生きるんだ。ここで一旦お別れだ。先に行って君が来る日を待っているよ」
とかさぁ。もおぉぉぉぉぉぉ(;ω;)胸熱。
チャプター4で終わりかと思いきやその後のおばあちゃんのカットが入ってチャプター5が解放された時は、いよいよこれでおじいちゃんと天国で暮らせるのかと思い脳みそフル回転でどんどん進めたよね。(ナビ?ええ。もちろん何回か使いましたけど?w)
脳みそフル回転でって言っても、パズルの難易度は高すぎず低すぎず適度に頭を使うかなっていう感じですかね。
はい。ナビはもちろん使いましたよ(大声)
で、エンディングを迎えたわけですが、心温まるとはこの事だった。
ジーンときました。

最後のステージのゴールにたどり着いた時の、二人がギュッと抱き合うシーン。
これから天国でおじいちゃんとおばあちゃんは今度こそまた二人で暮らせるんですね。
そして、「あちら側に着いたらまた昔みたいにいろんな話をしよう。日当たりの良い場所でね。」と二人が言葉を交わした時、冒頭の縁側で二人で仲良くお喋りしていた場面が頭に浮かびました。
またあの頃のように暮らせるんだなーと思うと胸が熱くなりました。
最後二人で手を繋いで歩いて行くんですが、その後ろ姿がたまらなく大好きです。

たかがゲーム、されどゲーム。
素敵な物語に出会いました。

よかったらシェアしてね!

私の紹介

趣味はゲーム。普通の社会人が自由気ままに遊んでみたゲームの感想や攻略を書いています。PS4ゲームのインディーゲームを好んでやりますが、面白そうならなんでもやります。
相方のAZUSAがたまに登場することもあります。

コメント

コメントする

内容
閉じる