【LoR】スウェインとブラウムのガードデッキ。自フィールドをマイティーポロで埋め尽くす

携帯ゲーム”レジェンドオブルーンテラ”のデッキ紹介です。

ノクサス”スウェイン”とフレヨルド”ブラウム”を使ったデッキを作ってみた。

内容

スウェインとブラウムの王道ガードデッキ

  • アイアンエリクサー×3
  • 傷無き乙女×3
  • 血には血を×2
  • 真紅の信奉者×3
  • デスロータス×3
  • 召集の合図×1
  • 無慈悲な強襲者×2
  • 吸血×1
  • 真紅の仲介人×2
  • 残炎の乙女×1
  • 人情味ある酒場の主人×1
  • 武力×1
  • 氏族長ステッフェン×3
  • 奮い立つ力×3
  • 血盟の誓い×2
  • ブラウム×2
  • レギオンの退役兵×1
  • 傷持つ乙女の略奪衆×2
  • スウェイン×3
  • ブラッドミア×1

コンセプトとしては、フレヨルドのダメージを受けると攻撃力強化になるカード

傷無き乙女”や”氏族長ステッフェン”との組み合わせ。

後は、リジェネレーションのキーワードを持つユニットをデッキに入れ

ターン終了時にダメージを0にする戦法。

フレヨルドは防御力を強化するカードに長けているので、そのあたりも採用。

傷無き乙女”と”氏族長ステッフェン

傷無き乙女

ダメージを受けると攻撃力がパワーアップ

氏族長ステッフェン

こちらもダメージを受けると攻撃力がパワーアップ

ブラウムとの組み合わせのメリット

ブラウムはレベルアップ前はダメージを受けると、

1回だけマイティーポロを召喚し、レベルアップ後はダメージを受けるたびにマイティーポロを召喚します。

この能力をデスロータスや残炎の乙女で自発的に発動させていくことが出来ます。

蓄積された非戦闘ダメージはスウェインのレベルアップ条件にも使えるので一石二鳥です。

中盤辺りなり、フィールドをユニットで埋め尽くすと、スウェインを出してフィニッシュに持っていきます。

ブラウムとの組み合わせのデメリット

終盤までもつれ込むと厳しくなってきます。

ダメージを受けて強化できるユニットの攻撃力は徐々に強化できますが、

毎回防御されて、防御力が削られていくと結局はノーダメージで終わります。

(オーバーパワーを付けるといいのかも)

相手がスタン系のデッキだと、ブラウムが全く生かせなくなります。

正直、スウェインとの組み合わせと言うより、ブラッドミアの方が合っているような気がします。

何とかもう少しスウェインとうまく噛み合わしたいところです。

ブラウムとの組み合わせデッキのまとめ

ブラウムのレベルアップをどれだけ早く出来るかが、

王道の勝負のカギみたいなデッキです。

スウェインはフィニッシュ係みたいな感じで、ブラウムとは正直まだうまく噛み合っていない感じのデッキ。

でもスウェインの攻撃って大体防御されるんですよね。

スウェインをメインで作るはずのデッキが、サブの中のサブみたいなポジションになってしまって、

パッとしないデッキになってしまっています。

このデッキを作っているときに

作ってみたいなと思ったデッキは、残炎の乙女が主役のデッキ。

彼女の能力は、毎ターン全ての対象に1ダメージを与えます。

この効果をうまく利用したデッキを作ってみたいところです。

よかったらシェアしてね!

私の紹介

趣味はゲーム。普通の社会人が自由気ままに遊んでみたゲームの感想や攻略を書いています。PS4ゲームのインディーゲームを好んでやりますが、面白そうならなんでもやります。
相方のAZUSAがたまに登場することもあります。

コメント

コメントする

内容
閉じる