【LoR】ビクターとスウェインのコンビデッキ紹介 ~マナ0で相手をスタン!~

【LoR】のデッキ紹介です。AI戦闘ばかり好む筆者が作ったストレス発散デッキです。

※LoRを知らない人にとってはわからない内容です。あくまでも初心者向けのデッキ紹介ですのでご容赦ください。

内容

【LoR】ビクターとスウェインを組み合わせたデッキ紹介

デッキ紹介
  • ポロキャノン×2
  • アームギアの拡張者×2
  • ゾウンの悪童×3
  • デス・レイ‐Mk.1×2
  • バリスティックボット×3
  • 計画的創造×2
  • 熱心な助手×2
  • 死の手×3
  • 焦土×2
  • 真紅の仲介人×3
  • 淘汰×2
  • ビクター×3
  • ケミパンクロッカー×2
  • スウェイン×3
  • 皆殺しの斧×2
  • 機械化ミミック×2
  • 軍艦リヴァイアサン×2
  • ノクサス:17枚 ピルトーヴァー&ゾウン:23枚
  • ユニット:25枚 スペル:15枚
  • マナ0:2枚
  • マナ1:7枚
  • マナ2:7枚
  • マナ3:10枚
  • マナ4:3枚
  • マナ5:9枚
  • マナ8:2枚
ポロキャノンデス・レイ‐Mk.1バリスティックボット計画的創造真紅の仲介人ビクター

カードを生成してくれるカードたち。今回はユニット・スペル共に生成してくれるのでバランスが良い。

デス・レイ‐Mk.1バリスティックボット死の手ケミパンクロッカースウェイン皆殺しの斧軍艦リヴァイアサン

非戦闘ダメージを与えられるカードたち。カード数が多いためビクターメインというよりスウェインメインのデッキと言える。

このデッキのキーカード!

バリスティックボットは間違いなくキーカード!毎ターン生成されるイグニッションは自身の攻撃力強化にもなり、さらにスウェインレベルアップ後はスタン効果も付与される!ビクターもレベルアップしていれば、マナ0で相手ユニット1体をスタンさせることが出来る!!

組み合わせるメリット

バリスティックボットの生成カード”イグニッション”は相手ネクサスを削りながら非戦闘ダメージであるため、スウェインのレベルアップにもなり、さらにレベルアップ後は相手ユニット1体をスタンさせるカードへと変化する。

ノクサスには生成ユニットがあるカードがあり、バランスが取れやすい。

組み合わせるデメリット

スウェインが十分強いため、オーグメント持ちのユニットを育てるメリットが少ない。

バリスティックボットとスウェインがやられると、途端に弱くなる。

デッキの基本戦術

序盤はいかにバリスティックボットを引けるかが勝負です。とにかく非戦闘ダメージを貯めスウェインのレベルアップを目指します。引けない場合でも真紅の仲介人が防御役としていい活躍をしてくれます。

中盤からは相手の協力ユニットを除去しつつ、非戦闘ダメージを稼ぎます。相手が単体で強いユニットを出してきた場合、デス・レイ‐Mk.1は体力を削ってから焦土を使い、数での戦闘に持ち込まれたらケミパンクロッカーで一掃します。

終盤ではスウェインを場に出した状態でイグニッションを毎ターン使用していきます。これにより相手ユニットをスタンさせた後はスウェインでネクサスアタックを決め、相手ユニットけちらします。これでも耐えるユニットに対しては、スウェインスペルの”恐襲の魔鴉”や”焦土”を使って蹴散らします。

使ってみた感想

スウェインのデッキは基本的に安定して強いですね。デッキに計画的創造や軍艦リヴァイアサンを入れてるあたりからも察せるように、いかにバリスティックボットとスウェインが重要なのかわかります。この2枚の組み合わせがうまくハマったときは気持ちいいですね。スウェインは使っているとやはり気持ちいい。手も足も出ない状態に持っていけるのはスウェインの強みです。

よかったらシェアしてね!

私の紹介

趣味はゲーム。普通の社会人が自由気ままに遊んでみたゲームの感想や攻略を書いています。PS4ゲームのインディーゲームを好んでやりますが、面白そうならなんでもやります。
相方のAZUSAがたまに登場することもあります。

コメント

コメントする

内容
閉じる